ダイエット中の愛犬には空腹感を和らげるドッグフードを

ダイエット中の愛犬には空腹感を和らげるドッグフードを

人間でも犬でも太り過ぎは、身体に負担をかけ病気やけがの原因にもなります。
愛犬に空腹のストレスをあまりかけずに、減量を成功させたいですね。
ここでは、長く健康で過ごせるように、ダイエットフードのあれこれをご紹介します。

愛犬のダイエットの第一歩は「おやつの停止」です。
見つめられるとつい上げてしまいますが、高カロリー摂取となることも多く、これだけで体重コントロールがスムーズに進んだ、というケースも多く聞かれます。

食事については、低カロリーで高たんぱく質が基本です。
ダイエット用のドッグフードも販売されていますし、食物繊維を多く含むことで少ない量で満腹感を感じることができるなど、製品ごとの特長もあります。
愛犬に合ったものをお選びください。
食事回数についてですが、少量ずつ分けてあげると、空腹でいる時間も少なくなり、取り入れた脂肪の蓄積も減らせます。

また、市販フードの分量を減らして、その分は手作りフードを加え、ダイエット食を作るのもおすすめです。
低カロリー高タンパク食に是非利用したいのが、豆腐やおからなどの大豆製品です。
油を加えずに炒ってまぜたり、カロリーの低い野菜を細かく切ったものと一緒にスープを作って与えたりすることで、愛犬の空腹感も軽減できます。
大量の野菜は良くないですが、適量だと繊維質が栄養吸収を穏やかにするため、これも満腹感が持続します。
なお、玉ねぎやブドウなど犬が食べてはいけない野菜や果物もありますので、あらかじめ調べておくなどご注意ください。

そして、愛犬のダイエットでは、運動も平行して取り入れられることが多いと思います。
散歩やボール遊びなどが定番かと思いますが、肥満傾向の犬は足腰に負担がかかり、動くことで、関節炎などを引き起こす心配もあります。
軽い運動から徐々に始められるのが良いようです。

極端な食事制限を行うなど、急激な減量は危険です。
カロリー控えめのドッグフードを時間をかけて与えて、運動もさせてください。