糖尿病の愛犬には血糖値急上昇を防ぐドッグフードを

糖尿病の愛犬には血糖値急上昇を防ぐドッグフードを

犬の糖尿病は珍しくはありませんが、重症化すれば死に至ることもある怖い病気です。しかし、人間と同様に、食事や運動を含めた適切な治療で血糖値をコントロールできれば、重症化も避けられ、日常生活も普通に近い状態で送ることができます。

通常、膵臓由来のホルモン・インスリンが血糖値の上下をコントロールしていますが、これが少なくなったり、あっても働かなかったりするのが糖尿病です。
ドッグフードなどで取り入れた食物を、効率よくエネルギーとして使うことが難しくなる糖尿病では、食事療法は日々欠かせないものです。

愛犬が糖尿病と診断されたら、獣医さんから進められることも多いのが糖尿病専用のドッグフードや療養食です。
何種類か発売されていますが、共通して、食後の血糖値急上昇を抑える工夫がされています。
具体的には、大麦を加えるなど消化速度の違う炭水化物を数種類組み合わせたり、わざと、吸収し辛い食物繊維を多めにして、ぶどう糖への分解を遅らせたりします。
低下したインスリンの能力に合わせて処理を遅らせれば血糖値は急上昇しないわけです。
もちろん療養食は、たんぱく質やミネラルといった必要な栄養がバランス良く摂れるように作られています。
また、糖尿病になる犬は肥満傾向が高いため、カロリーを抑え、脂肪分を控えめにした製品も多いようです。

さらに、手作りフードも同じように血糖値を急激に上げないもの、たんぱく質やビタミンなど他の栄養素をとれるように工夫することが必要です。
獣医師などが糖尿病食レシピを公開しているサイトもありますので、参考にされてはいかがでしょうか。

ほかにも、食事を少量ずつ分けて一定量ずつを与えることや、量や時間を一定に保つことなどが食事療法の効果を高めると言われています。

また、糖尿病の治療では、食事療法以外にもさまざまな療法を組み合わせることも多くあります。
例えば、足りないインスリンを注射で補って血糖値をコントロールする治療では、飼い主さんが注射する場合もあります。
さらに、運動療法では、体の脂肪を減らすことで必要なインスリンの量も減らし、結果としてエネルギー効率を上昇させることに繋げます。

もしも愛犬が糖尿病になってしまっても、飼い主さんにできることはいろいろあります。
ドッグフードの選び方で困ったことがあれば、獣医さんに相談するのが賢明です。