腎臓病になった愛犬と長く一緒に暮らすためのドッグフードは?

腎臓病になった愛犬と長く一緒に暮らすためのドッグフードは?

近年、腎炎や尿毒症、腎不全など犬の腎臓病は増加傾向です。
腎臓は老廃物の分離や排出などを担当する臓器ですが、機能的に弱って病気になり、その後重症化すれば、命を左右することもあります。
万が一の際は、腎臓病用の療養食を取り入れるなど、腎臓への負担を減らしてあげましょう。

愛犬と長く過ごせるのは飼い主さんにとってもうれしいことだと思います。
ただ、住環境の変化やドッグフードの進化で、長寿命犬が増えるなか、人間でも犬でも、年齢を重ねると、ずっと働き続けてきた腎臓が弱り、病気が増える傾向にあります。

犬の腎臓病の場合、専用の療養食が各メーカーから発売されています。
処理能力が落ちている腎臓の負担を減らし、重症化させないように考えて作られたドッグフードです。
もし、どのフードがいいか迷われたら、まずはかかりつけの獣医さんに相談してみて下さい。
一括りに腎臓病と言っても、病状はさまざまですので、専門家ならではの視点で、個体に合ったフードを教えてもらえるでしょう。

一般に腎臓病の犬には、次のような注意点があります。

  • 「リンの制限」~身体のために不可欠ですが、腎臓に負担が大きいのでできるだけ少なめに。
  • 「たんぱく質は新鮮な肉や魚を中心に」~動物性の方が植物性よりも腎臓が排出する老廃物が少なくなる。
  • 「塩分はできるだけ控えめに」~塩分も腎臓に大きな負担。特に、人間の食物を愛犬に与えることは好ましくない
  • 「水分は多めに」~水分を多く摂れば、利尿が促され、より多くの老廃物が排出可能に。ドライフードばかりの愛犬の場合は、特に注意が必要。

市販品を愛犬が食べてくれない、といった理由で手づくりフードを作る場合も、「リン・たんぱく質・塩分を少なく」して水分を多く飲ませるのが原則です。
手作りフードについては、ネット上にもいろいろなレシピが見られます。信頼できるサイトの情報を参考にしてはいかがでしょうか。

腎臓病用のドッグフードを上手に利用して、まだまだこれからも愛犬と一緒に楽しい日々を過ごしていきましょう。